Hさん 女性 (オーストラリア)
マスター講座は、日本語について奥深く知ることのできる内容となっていました。
調べれば調べる程日本語にはまっていく様な感じでした。
今まで日本語を母国語として使用していたにもかかわらず、間違って覚えていた漢字の読み方や、正しい意味を知らずに何気に使っていた熟語等、日本語を勉強している外国語を母国語とする方の方が日本語に詳しいのではないかと思う事が多々ありました。
日本語の歴史を学び、知識として覚えておく事もこれから日本語を教えていく上で必要だなということも悟りました。
私が知らない事はまだまだたくさんあります。ですので、これからも多方面に渡る日本語の知識を少しずつ蓄え、日本語を教える人としての幅を広げていこうと思います。
今後、いつ日本語を教える立場、状況になるかはわかりませんが、その時が来た時には、教える側も教えられる側も楽しく日本語を教え、学べる場を共有できる機会が作れたらいいなと考えています。
日本語教師養成講座を終えた事で、自分が日本語を教える事に自信を持つことが出来るようになりました。今までご指導頂きありがとうございました。

Sさん 女性 (オランダ)
ようやく全講座を終えたというところですが、まずは 、日本語教師に求められる知識の膨大さに改めて圧倒されているところです。前半の一般講座は、レクチャーDVDやレッスン用テキストを使用した臨場感のある学習でしたので、内容も比較的スムーズに頭の中に入っていったような気がします。後半のマスター講座は一般講座とは異なり、テキストに書かれた内容を自分自身でしっかりと咀嚼することが求められているのだと実感しましたが、長い時間をかけて学習に取り組んだことによる達成感が十分にあります。
学習にはワークシートだけでなく、授業に役立つ資料づくりが課題に含まれていましたので、とても良い経験になりました。先生からいただいた「教材は日本語教師の財産」という言葉が大きく胸に響きました。また、一般講座の終了時の感想と重複してしまいますが、先生がワークシートを毎回とても丁寧に添削してくださったので、大変に役に立ちました。本当に感謝しております。
今後はまず、 テキストや添削シートを改めて読み返し、ボランティア活動なりオンライン授業なり、教えの場所を開拓して、実経験を積んでみたいですが、どのように進行していくかは未知の世界です。全講座を終えた今がようやくスタート地点。この先の可能性をじっくりと考えていきいと思います。
これまでの長きに亘るご指導、誠にありがとうございました。

Tさん 女性 (フランス)
ようやく終えたというのが正直な感想です。変わる生活状況の影響もあったとはいえ、もう少し集中して取り組むべきだったと反省しています。最後まで添削を有難うございました。
講座をすべて終えて、日本語の授業をするというイメージがより具体的に理解できました。改めて教材の内容が非常に充実していたことが大きいと感じます。
授業や生徒の色々な角度からの様々な質問にもこの講座で学習したことに基づいて対応していけそうな気がします。また、パネルやホワイトボードもうまく使い、丁寧で正しい教え方が出来るよう、今後も勉強を続けなければと思います。最後の最後まで熱意のあるご指導をいただき本当に有難うございました。

Oさん 女性 (沖縄県)
長期にわたり、とても丁寧で専門的な知識を授けて下さる添削指導本当にありがとうございました。次の回に行くたびに次はどんな内容かドキドキしました。毎回内容は、日本人で日本語を毎日聞いて話してきたのに、知らなかった事が多く愕然としました。その膨大な日本語についての情報をこれから自分で整理整頓し、知識を構築し一つ一つ理解していこうと思います。本当にそれらを完全に理解出来たとき、良い日本語教師になれるのだと思います。今まで、220時間ほど日本語を初級でしたが、教えてきたことが恥ずかしい感じがします。ある程度、どんな質問にも自信をもって答えられるようにしていきたいと思います。
また、日本の文化、芸能、自然、地理、歴史,方言や日本人のメンタリティや社会情勢などもともと興味をもって知識を広げ、また日本と世界の関係や役割など自分自身の考えをいつもしっかり持っていたいと思います。アメリカやシンガポールで生活していたこともありますが、やはり私は日本が好きで日本人が好きです。だからこそ、外国の人たちに日本語と日本についてしっかり教えていくことができるよう頑張っていきたいと思います。

Hさん 女性  (愛知県)
本講座を通して、これまで母語として使用してきた日本語という言語について客観的かつ体系的に学ぶことができ、普段から日本語の使い方について改めて考えるようになりました。
学習者の母語や年齢、外国語学習経験などによって、教え方のアプローチは色々に変えられるとは思いますが、この講座(特に基礎講座)で学んだ方法を順に授業に取り入れることで、無理なく教えていけると思いました。
日本語教師としての職を探す活動をしておりましたので、今後は実践の場が増えていきそうです。教え方に立ち止まった際などは、何度もこの講座で学んだことを復習し、自分のものとしていきたいと思います。
長期間にわたり、丁寧にご指導下さり、誠にありがとうございました。

Yさん 女性 (茨城県)
始めは難しさにどうなることかと思いましたが、講座内で「自分で考えてもらうことが大切」と指摘いただいてから、楽しく学習できるようになりました。
特に、マスターになってからはどんどん楽しんで進めることができたと思います。
日本語を母国語に持つものとして、その奥行きを知ることができたことも大きな収穫で、日本語教師になる・ならないとは違う次元でもこのような学びは大変意義あるものだと思いました。
今後ですが、この講座を楽しくやり遂げることができたことは一つの自信になります。
しかし、それは日本語教師としての自信ではありません。まずはスタートラインに立つことができたということです。
教師という立場は決して上から目線ではなく、生徒の成長を第一に考え、死ぬまで学び続ける、正解も終わりもない。と一人でも多くの方のお役に立てる日本語教師になれるよう、精進しつづけていきたいと思います。
長い間、ご指導いただきありがとうございました。

Wさん 男性 (愛知県)
今年に入ってから、日本語を学習する外国人への支援ボランティアをはじめました。そして本講座をたとえ受けなくともボランティア活動はできることがわかりました。
しかしながらマスター講座の分厚い本で学んだことが必ず役に立つと実感しています。なぜならこのようなことに出会ったからです。ボランティアの方が「今日は、こういうことを外国人に学ばせたいのですがいかがですか?」と経験者に尋ねます。すると経験者は「この点に、誤解が発生するおそれがあるよ。外国人の方から、この説明ではこんな質問が出てくるかもしれないね。その場合はこうしましょう」と即答していたのです。

分厚いマスター講座の本で勉強したことは、このような所で役に立つのだと思いました。そして日本語教師としてプロの意識を持つ以上、日本語文法の細かい点についても熟知しておく必要があるのだと。
私が日本語教師として教壇に立つとしたら、日本人の代表として外国人に接することになる。言葉を誤って伝えてしまっては、外国人は今後間違った日本語を使ってしまうことにもなりかねない。発する言葉一つ一つにも気を付けようという心持になることができました。
 この心持は普段の生活においても活かされると思っています。会話時に、日本語文法に配慮するようになり、せっかく日本人として生まれ育ったのだから、品性の感じられる日本語表現をして生きていきたいと思えるようになったためです。
 そして今回の講義内容において、日本語教育におけるシラバスの種類を学びました。相手の文化や、集まってきた方々の日本語能力、職種、年齢などによって、効果的だと思われるシラバスを選択し、より効果的な形で提供する必要性を強く感じ、その場に応じた対処が必要で、自身のネタといいますか引き出しを多くしていく必要も感じました。

Oさん 女性 (北海道)
わたくしは国語科の教員養成大学を出ており、幼児教育の仕事に就いた際には文字の本などを用いた教育実践をしていたので「日本語教育」に関しての経験があるつもりでいました。しかし、この度この講座を受講し、大変大きな思い違いをしたいたことに気付きました。
日本語は難しいとはよく言われることですが、実際にこの講座の学びを通し、より多くの日本語のより深い意味や構造や種類を知り、面白いと感じるとともに、その奥深さに感心しきりでありました。何となく知ったつもりでいたことを系統立てて改めて知り、知らなかった日本語の機微にため息が出るほど感激もしました。また口内の構造による発音について学んだ後、わたし自身の英語の発音にも役に立ったことはとても面白い発見でもありました。
テキストの内容の豊富さに驚き、レポートの添削のコメントを読んでは感心し、これらは大きなわたしの宝となりました。その全てを理解しきってはいませんし、これからもテキストと添削シートを読み返すことで、なお一層のわたし自身の日本語能力の向上にも努めたいと考えています。
語学を学ぶ際、その目的によって教え方も大きく違います。とにかく意味が通じれば良いときには、単語をまず覚え、単語の羅列でもある程度の意味は通じますが、さらに職業上の場面などで使用する日本語であるならば、正しい文章能力も求められるでしょうし、言葉のみならず日本文化にも慣れ親しむ必要があるとも思います。
今、自宅でお預かりしているアメリカからの留学生の日本語学習を見守っていますが、なかなか教えるという作業も難しいものだと実感しています。今後は職場でも外国人特定技能の人材を迎え支援しなくてはならないと考えていますので、この学びが少しでも役に立って言葉の壁を乗り越えるきっかけになれば幸いと思います。
先生の毎回の励ましがとてもうれしく思っていました。大変感謝申し上げるとともに、教えを役に立てることが一番の恩返しかとも思い、今後も学びを続けていきたいと思っています。ありがとうございました。

Nさん 女性 (オーストラリア)
実践に即したテキストとともに、添削ではきめ細かく指導をしていただきどうもありがとうございました。今後もテキストや添削いただいた内容を熟読し、実になるようにしていきます。
現代の日本語は、日本の文化や歴史と相互に影響を受け合いながら今に至っていることがよく分かりました。学べば学ぶほど、国、文化、歴史等の知識なしに日本語を学ぶことは難しく、日本語の奥深さをとても感じました。私にとって、日本語の勉強には終わりがないです。これからもニュースや文化、歴史等に目を向け、自分自身をブラッシュアップしていきたいです。
私は家族でオーストラリアのパンブラというところへ移住し、約1年半がたちます。まわりに日本人はあまりいませんが、日本に旅行に行こうとしていたり、また日本に興味をもっている方々によく出会います。またパブリックスクールの高校生の第二外国語は日本語(NSW州全体がそうなのでしょうか)であり、日本語を教える需要はこちらでもあると思います。具体的には、日本語を学びたい方にチューターとして日本語や日本の文化を正しく伝えていきたいと考えており、オーストラリアに住む方々と日本の懸け橋になっていきたいです。
この講座で、学生時代以来、日本について勉強する機会をもちました。若い頃は日本よりも外国に興味をもっていたので、正直なところ、特に感じることはありませんでしたが、今、勉強し直してみて、魅力ある歴史や文化をもつ日本で生まれ育ってきて良かったと思えるようになり、それも私の中では大きな収穫でした。教えるテクニックを学ぶのはこれからですが、気持ち的には自信をもって教えられそうです。

Sさん 女性 (タイ)
本講座を受講させていただき、改めて日本語の奥深さを知ることができました。これまで自分が何気なく使っていたいくつかの表現が、文法的には間違えであり、言語の揺れであることも知りました。今では、正しい日本語表現は何かに興味を持つようになり、外国人と接するときにも正しい日本語を話すよう心掛けるようになりました。
日本語を学習する外国人は本当に大変だと思います。しかし今回日本語教授法についてたくさんの内容を学習できました。今後海外ボランティアなどで日本語を教える機会が開かれるなら、一人でも多くの方に楽しく効果的に日本語学習していただけるよう、本講座の教材や添削レポートを十分に活用してゆきたいと思います。
仕事やその他諸事情で学習ペースが遅くなってしまいましたが、これまで先生のご指導に心より感謝いたします、ありがとうございました!

Mさん 女性 (神奈川県)
一般講座に続き、マスター講座でも大変お世話になりました。
マスター講座の分厚いテキストは、読むとなかなか面白く、きちんと理屈を理解したうえで覚えることの効果を実感しています。
また、添削の内容はとても深く、また実用的で、プリントアウトして読み返しながら、どれだけインプットできるかわかりませんが、できるだけ自分のものにしたいと思っています。
はじめは、日本語講師としての勉強を進め、自分に自信がついてから日本語講師の仕事をするつもりでおりましたが、完全に自信がつく時というのはおそらく来ないだろうということが勉強を進める上でわかってきたこと、また、たまたまビジネスパーソンに日本語指導をする機会があり、自信がないながらもいざやり始めると、相手の質問に合わせて自分でもいろんなアプローチを考え工夫するようになったこと、実際動いてみて見えるものがあるのだということも実感できて来ました。
日本語講師としての勉強をつづけながら その一方で実際に生徒と向き合い、トライアンドエラーで、問題が出るごとに改良していく、というスタイルが今のわたしにはベストなのかなあ、と今感じております。
今後はじっくり今年の検定試験に向けて勉強してみたいと思っています。
ひとりではとうていここまでは来られませんでした。
熱い、丁寧なご指導、誠にありがとうございました。

Iさん 女性 (シンガポール)
最後まで楽しく講座を受けることができました。働きながらでも、自分のペースで受講できる点がとてもよかったです。
日本人でも回答・説明するのが難しい問題が多くあり、日本人として恥ずかしく感じることがありました。ですが、分からなかったことが分かるようになり、それが自信に繋がったので、とても満足しています。
将来的には、教育免許も取得し、日本では英語教師、海外では日本語講師として活躍できればと思います。

Hさん 男性 (中国)
私は、中国で2年間日本語教師の仕事をしていまして、自分の知識を深め、授業の質を上げるためにも、この講座を受けました。正直に、すでに最初は知っている内容も多く復習のような感じもありました。しかし、一般通信講座後半、マスター講座では、新たな知識もあり、またすでに知っていることも、より深く理解することができました。この講座を受講しながら、これまでの授業のやり方を少し変えてみたりして、試行錯誤することができました。現在では、日本語教師の仕事はストップして別の仕事をしていますが、今後また日本語教師の仕事をしたいと考えています。この講座で学んだことを活かし、日本を教えることができればと思っています。

Nさん 男性 (栃木県)
現在、小学校教諭として外国籍児童に日本語を教える仕事をしています。私は英語・中国語の中学校教員免許も持っており、それらに加えてスペイン語を大学、専門学校で学んで現地で使ってきた経験もあるため「言葉を教える」というのに自信はありました。それでも「日本語を教える」といのは私にとっては闇の中を歩くようで「本当にこの方法でいいのか」という不安や「期待されている私がなんとかしなければ」という焦りに悩まされました。第二言語を学んできた者が第二言語を教えるのと、母語を教えるのでは大きな差があることを痛感した。今回本講座を通じて日本語教育の基礎を身に着けることができ、歩むべき道が希望の光で照らされるように感じました。
また、本講座は通信教育であり、働きながら学習をすすめることができましたが、以下2点のメリットがありました。1つは場所や時間の制約受けなかったため、無理なく学習が続けられたこと。そしてもう1つは普段から現場で感じている疑問を解決しながら学習しようというモチベーションが保たれたことです。自分のライフスタイルに合った本講座での学習を選べて本当に良かったと思います。
今後の抱負として、現場で子どもに日本語を教えていくための日本語教育力の向上に努めていき、ここで得た知識を発展させ、異文化間教育の分野での日本語教育の研究するためにすすんで学会やワークショップに参加していきたいです。学齢期の子どもに生きていくうえで必要となる日本語を教えるという臨床的技術の向上に努ようと思っています。
教育現場での外国籍児童への日本語教育は「日本の学校ひいては日本社会に適応させるため」に進められてきており、私自身も子どもたちに「これができないと学校で苦労するんだよ」と半ば脅しをかけながら教えてきました。しかし今はそんな外発的動機付けだけに頼らずに「日本語っておもしろいな」とか「表現できることが増えて楽しくなってきた」という学びや自信の語学運用能力の向上が喜べる内発的動機付けによる学習意識をつけさせることが大切だと感じています。日本語やそれに付随する日本文化、そしてコミュニケーションの魅力を伝えらえる語学教師になりたいと思います。

Vさん 女性 (オーストラリア)
約一年間でしたが、大変お世話になりました。
日本人として、日本語の歴史から文法、特徴、その背景にあるものを凝縮してたくさん学べた事がとても楽しく、有意義でした。文法はもちろんのこと、今まで何気なく話していた言葉のルールや背景を学習していて、なるほど!だからだったのか、という驚きや新たな気付きも多く、とても実りの多い一年となりました。ただ、特に文法においてはまだまだ理解を深めなければいけない分野もあり、今後も復習をしていきたいと思っています。
生徒にとってより楽しい授業を作る事を常に心がけ、授業の前にはしっかりと準備をしていきたいと思います。
ありがとうございました。

Sさん 女性 (宮城県)
現在、オンライン日本語教師として自宅でパソコンを使用し、画面をシェアしながらアメリカやメキシコなど海外に住む外国人に日本語を教えています。皆様、日本語を勉強するのは初めてで、「こんにちは」「はじめまして」の導入から教えています。本格的に日本で仕事をしたい、暮らしたいというよりは、楽しく趣味の一環で日本語を学んで、アニメや映画を日本語で理解できるようになりたいというのが目的の方々です。
日本語を教えていく中で、本講座で習得した英語での説明の仕方が大変役に立っており、早速活用できていることに感謝しています。よく聞かれるのはwhatは「なん」「なに」と変わるのはなぜ、ということや、「こ、そ、あ、ど」の使い方などです。まだまだ教えていることは初級のことではありますが、BEGGINERS1のテキストは擦り切れるほど読み込んでいます。
今後、生徒さんたちも徐々に日本語力がステップアップしていくのに伴い、質問される事項も幅広くなると想定されます。一から教えてきた生徒さんとともに、私も日本語教授の幅を広げ、より日本語の勉強を楽しんでいただけるように邁進していきます。
また、最終目標は海外の地で日本語を教えたいと思っていましたが、お陰様で、無事受講も完了し、早速日本語教師として海外の方に日本語を教える仕事ができ、とてもうれしく思っています。
私のように、都会から離れた場所で暮らす人にとっては、日本語講座を通学することは本当に難しい現状です。ぜひ、近くに講座受講できる場所がなくて諦めていた方にもこちらの講座を知っていただければと思っています。
講座は毎回楽しく勉強できました。本当にありがとうございました。

Tさん 女性 (福岡県)
 
本講座では、本当に多くのことを学びました。前半の一般講座では直接法以外に間接法の教授法も学ぶことが出来たため、学習者のバックグラウンドによってどちらの教授法で教えるかについての選択肢が増えるのでとても役に立つと思います。
また、間接法での教授法を学ぶことによって、逆説的ですが英語についての理解が深まることに繋がり大変勉強になりました。これは、私にとって嬉しい副産物ともいえます。
また、後半のマスターコースでは、日本語文法だけではなく日本人の性格の特徴や文化、心理、概念について幅広く学ぶ事が出来たと思います。今後は、学んだことを定着させるために少しずつでもout putできるように進歩していきたいと思います。
約半年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

a

Yさん 女性 (オーストラリア)
一般通信講座からマスター講座までとても丁寧なご指導と添削をしていただき、感謝をしております。
 日本語教師養成講座に4,5年前から関心を持っていましたが、なかなか学習を申し込むまでの一歩が出せずにいました。子育てをしながらどこまで勉強に時間を使えるのか、また自己学習なので最後までやり遂げられる自信がなかったからです。
教材一式が届き、学習の流れを確認して後半のマスター講座で使う‘日本語教育全書’を見たとき、本の厚さにその不安はさらに大きなものとなったのを今でも覚えています。
 しかし実際に勉強を始めたら、日本語の奥の深さに触れ、また学生時代に学んだ国文法などを思い出し、とても楽しく進めることができました。初めに大きな不安を抱いた‘日本語教育全書’も、今ではどのページを開いても鉛筆の跡があり、大切な辞書のような存在になりました。特に印象に残っているのが、現代仮名遣いと歴史的仮名遣いについてです。現在のような漢字と平仮名を組み合わせて表記するようになったのは、まだ日本語の歴史としては新しいのだということに感銘を覚えました。そして、言葉のゆれ。これからも日本語は変わり続けていくのだろうかと考えさせられます。
今一度一般通信講座のDVDを見直そうかと考えています。また、日本語教育能力検定試験問題ももう一度読み直そうかと思っています。
この講座の課題に取り組む中で、既製品ではありますが、いろいろな教材を探したり、作ったりする機会を得ることが出来ました。反対語カード、動詞・形容詞カードなどは実際に娘との遊びを通しての学びとして使っています。
 今後の抱負としては、日本語教師のアシスタントのボランティアを、少しずつ出来ないだろうかと考えています。この通信での講座を終えて、初めて日本語教育に関わる為の資格を得たのだと思っています。 
改めて、一般通信講座からマスター講座までの自己学習を最後まで終了することが出来たのは、分かりやすい課題の作られ方と講師の方の丁寧なご指導があってこそでした。本当にありがとうございました。

Nさん 女性 (北海道)
本講座を受講した感想としてとても楽しんで学習することができました。通信教育のためゆっくりと自分のペースで理解するまで学習に取り組むことができました。これからもテキストやDVDを何度も読み直し学習を続けることによって自分の知識や技術にしていこうと思います。
また今回本講座を受講したことによって新たな世界が広がったと感じています。インターネットの語学学習交換サイトでたくさんの日本語学習者と知り合うことができました。英語と日本語を使いながら彼らの日本語学習のお手伝いをしています。日本語についての質問に回答すること、会話の練習をお手伝いすることはとても楽しいです。本講座で習ったことがとても役に立っています。今まで日本語についての質問をされてもどのように答えたらよいのかわかりませんでしたがテキストで勉強したことを説明するととても解りやすいと言ってもらえます。
本講座を受講したことで以前より私自身が日本語と日本の歴史、文化、社会についてもっと勉強したいと思うようになりました。
今後の抱負として、これからも日本語を学習したいという方に何らかの形で関わりお手伝いをしていきたいという思いは学習後ますます強くなりました。その際には学習者が安心して日本語学習に取り組める雰囲気づくりを大切にしたいと思います。私自身長年英語を学習しています。しかし未だに会話をする相手によって自分の英語の流暢さに影響があります。やはり第二言語ということで相手の作り出す雰囲気にまだまだ飲み込まれてしまいます。もちろんその人の性格にもよりますが外国語を習得するということは容易ではないということを常に念頭におき、安心して話せる環境を作れるよう努力したいと思います。
次に学習者はひとりひとり違うのだということを頭に入れ臨機応変に対応できるようになりたいと思います。学習者のレベル、学習速度、学習目的、バックグラウンドは様々です。他の学習者と比較せずその人のペースに合わせ、寄り添って学習のお手伝いをしていきたいです。
最後に日本語や日本の文化に誇りを持って伝えられるようになりたいです。そのためには自分自身が常に勉強し、知識や技術を磨くことが大切です。学習者の質問や疑問に誠実に真摯に答え、日本語と日本の文化を好きになってもらえるように学習者と関わっていきたいです。
長い間丁寧なご指導誠にありがとうございました。本講座を受講して本当に良かったです。

Eさん 女性 (中国)
改めて、本講座を受講できたことに感謝しています。海外在住で何かと不便で、過去には通信講座を修了できなかったという経験もあり、とても不安なスタートでしたが、先生の細かなご指導と、迅速な事務処理に心落ち着き、とてもスムースに受講することが出来ました。本当にありがとうございました。
日本語のみならず、英語での教授法も踏まえた内容で海外で暮らす者には大変ありがたい構成でした。
テキストの構成、練習方法の教授等、丁寧な説明がとても分かりやすかったです。
これから10月の試験に備え、過去問への取り組み並びに教育全書の再読、ワークシートの整理復習を行い、知識の定着を図ります。

Uさん 男性(スリランカ)
まず、毎回の丁寧な添削と実際的な内容の講座を準備、運営してくださっていることに深く感謝いたします。
全20回に渡るレポート提出に向けた学習を通し、今まで全く理解せずにいた日本語の奥深さや魅力を知ることができました。とりわけ、マスター講座は今の状況を活用してかなりのハイペースで学習することができましたので、いわば日本語漬けの日々でした。引き続き学ぶことに終わりはないことも重々承知しておりますし、学べば学ぶほど自分の知識の薄さを感じております。以前は特に立ち止まることなく流していた日本語に関する事柄、例えばことわざの意味だけではなく背景もインターネットなどで検索している自分に気が付きます。今後も様々な機会を通して学び、他の人に共有できればと思っています。また、この学習内容を忘れない今年のうちに日本語教師能力試験に挑戦してみようとも考えています。
恥ずかしながら、前半のコースを終えた頃はなまじ知識を得たゆえに多少思い上がっていました。去年からスリランカにある言語学校で日本語のボランティア教師をしておりますが、スリランカ人の先生の教え方を見下したり、難を付けてしまっていました。しかし全体のカリキュラムを終える今、謙遜さや尊敬する態度の大切さ、貴さを実感しています。私の好きな格言の一つに、”Knowledge puffs up, but love builds up.”というものがありますが、今後はそれを体現できるような日本語教師を目指して自分自身の人格にも磨きをかけつつ取り組んでいきたいと決意しています。
約半年に渡る講座に参加できたことを嬉しく思っています。私個人として、人生の貴重な財産の一部になりました。日本語教師に関心のある他の方にお会いした際には、自信を持ってWJLCでの受講をお勧めしたいと思っています。お世話になりましたことを重ねて感謝いたします。

匿名希望 女性 (鹿児島県)
今回が最後の課題だと思うと、少し大げさかもしれませんが、大変感慨深いです。たった一人で他の誰とも相談したりせずにここまで来ましたので、不安がありましたが、先生の大変ご丁寧でご親切なご指導に支えられ、添削シートを受け取るたびに励まされて、最後まで頑張ることができました。先生のご指導なしでは、ここまでくることはできませんでした。心から感謝を申し上げます。
以前、英語講師をしていたときに、ネイティブではないからこそ難しいことが多々ありました。その後日本語教師を目指し始めて、母語であるし学生時代は文法が大得意であったから、きっと外国語を教えることよりずっと楽だろうと思っていました。しかし、この講座を受け始めて、そんな浅はかな思いは崩れ去り、自分がいかに母語である日本語に対して無知であるかということを思い知らされることとなりました。母語であるからこそ学ぶことのない動詞や形容詞などの活用のルールに始まり、その他日本語教師が知っておかなければならないことを完璧に覚えなければならないと気が遠くなるような感覚に襲われることもありました。
しかし今、私は日本語学習者のために絶対に立派な日本語教師になりたいという強い気持ちがあります。これも指導のおかげです。今後も先生がご指導してくださった多くのことを何度も復習し、日本人、そして日本語教師として決して恥ずかしくないようにこれから成長していきたいと思います。
マスター講座を開始するまで長いお休みを取ってしまいましたが、最後まで変わらず温かくご指導くださり心より感謝申し上げます。先生、本当にありがとうございました。

Kさん 女性 (愛知県)
日本語教育についての概観を学ぶことができ大変有意義でした。 私が書いたものを隅から隅まで読んで、訂正していただいたり、また感想を述べてくださったりして、大変丁寧に見ていただいたことに深く感謝をしています。色々な通信講座を今までやってきましたが、 こんなに丁寧に見て頂いたのは初めてです。今までなかなか最後まで通信講座をやりきることがなかったのですが、最後までやれて本当に良かったです。有り難うございました。
私は今まで中学校英語教師として40年以上働いてきましたので、 これからは日本語教師として、 外国の方の日本語学習のお手伝いが出来れば良いと思っております。まずは私の住んでいる町でボランティア日本語教師をやりたいです。90才まであと24年、まだまだ若いと思っています

Aさん 女性 (東京都)
大変難しく、勉強になりました。日本語というものが世界でどのような立ち位置であり、日本語というものの難しさを、改めて客観視できました。そして個人的には、まず日本語を教える際に、学習者のレディネス調査がとても重要であるように感じました。学習者が何を求めているかにより、教え方がまったく変わってくると思います。「話せればよい」という学習者から「漢字やカタカナを交えた文章を書く仕事に就きたい」という学習者まで、多種多様だと思いました。そこでこの講座を通して学ぶことができた様々な手法で、学習者に合った学習方法を見つけながら、学習者が日本や日本語を好きになってくれることを目標に、頑張りたいと思います。

Yさん 男性 (オーストラリア)
マスター講座に入ってからは、基礎科と専門科でやっていたような自分が母語をどのように喋っているか改めて見つめ直して説明してみるというような学習と異なり、言語学のような全く新しい知識を学ぶというところにやり甲斐がありました。教授法自体についてだけでなく、日本文化についての歴史や多文化との関わりについてなど、今まで日本人であるからこそ勉強をおろそかにしてきた部分を補うことができ、日本語という言語を教える者という以前に、自国の文化について知識を持った日本人として学習者に接する自信をつけることがこのコースを通してできたと思っております。もちろん、教本の読み込みとワークシートに取り組んできましたが、この提出の後も、練習問題を復習し、添削していただいたものを再度見直すなどして、これからのさらなる研究とスキルアップに活かしていこうと思います。
私は今のところ、これから日本に帰り、とある芸術系の教育機関で助手をする傍ら、手始めにそこの教授から受けている個人レッスンの依頼を通して実際に学習者に日本語を教えていく次第ですが、日本語教育能力検定試験に向けても勉強し、ゆくゆくはより多くの学習者の手助けをしていけるよう日本語教師としてのキャリアアップを目指していこうと思います。日本にはこれから益々海外からの労働者が必要になってくると言われていますが、私は先日日本に一時帰国した際に実際に多くの海外からの学生が都内で一生懸命にアルバイトをしながら日本語を勉強して頑張っているのを目の当たりにし、心を打たれました。私も英語がうまくできない頃からオーストラリアに住み始め、なんとか先日、こちらの大学を卒業することができたという経緯がありますので、その経験をもって日本にいる日本語学習者を励ましていきたいと思います。
最後になりますが、これまで毎回ご丁寧に細かいところまでご教示頂いた先生に深く御礼申し上げます。添削していただいたワークシートからは、知りたかったことや自分では思いつけなかった部分まで学ぶことができ、毎回の更なる学習の励みになりました。「教えることは学ぶこと。」と仰っていただいたように、コースを修了した教育者としての責任と自覚を持ちながらも、教育を通して日々学びを忘れず、研究を重ねながら仕事に励んで行こうと思っております。

Kさん 男性 (アフリカ)
まず、420の講座を通信で終えるというのが、今回アフリカ在住の私にとっては大変にメリットがありました。講座を通して感じたことの一番は、実際に教えたり、教室で経験する事とセットでないと教師としての技能は身に付かない部分が大きいという事です。
そういう意味で、純粋に日本語教師を目指す人にとってはデメリットが大きいだろうなと感じました。私の場合は今後の選択肢を広げる知識の一つとして、日本語教師とはどういうものか知りたかった部分が大きいので今回この講座に出会い、修了できたことに大変感謝しております。
こちらで日本語を教える求人は比較的条件が緩く、それらを検討できる最低ラインにやっと立てたんだなぁと感じています。
今後どのような形で日本語教育に関わっていくかはわかりませんが、真に日本語教師としての技能を身に付けるには通信講座で補えなかった経が必ず必要になるはずですので、どこかしらで日本語を教えるという経験は積んでいきたいと考えています。
かなり時間はかかりましたが最後までお付き合いいただいて丁寧にご指導いただき本当にありがとうございました

Mさん 女性 (スイス)
申し込みを終えて、教材が送られてきたときには、本当に自分は通信講座で自己学習できるのであろうか、時間が作れるか、やる気が続くかなど、かなり心配であった。また、教材の多さに圧倒され、はじめの何週かは、手付かずのままであった。しかし、ページをめくるにつれ、あっという間に興味をひかれ、次のアサイメントをこなすのが楽しみにもなってきた。自分でも驚いている。これは、毎回詳しく送られてくる添削指導、そしてオリジナルなテキストによるのではないかと思う。今、ボランティアで日本語を教える際に、他のシラバス/テキストをよく比べ使うことがあるが、やはり基本となるのは、自分が通信で習ってきたこのテキストである。
基礎講座、専門講座と進むにつれて、テクニカルな事柄をたくさん学んだことは、今現在ボランティアで日本語を教えるにあたり、大変知識として役に立っている。この講座を受けなければ、興味があっても、今のように日本語を教えるには至らなかったであろうし、教える態度として失礼であっただろうと思われる。また、今まで国語として学習してきた「日本語」をここまで分析できるかと驚きの連続でもあった。さらにマスター講座に入ってからば、グローバルな知識、およびペダゴジックなアスペクトが多くなり、これもまた実地の場で大変役に立っている。
そして毎回のアサイメントに対する、添削、コメントの詳細さには大変驚いた。これからも、機会を作りまた今までのアサイメント/添削コメントを読み返してみたいと思う。

Hさん 男性 (ポーランド)
本講座を受講したきっかけとなったのが、ポーランドに日本語教師として就職することが決まったことであった。それ以前にフランスでボランティアで日仏協会で長い間日本語を教えていたが、本格的に仕事として始めるにあたりしっかりとした体系的な知識を得たいと思い、またポーランドに移ったのちも受講できるものとして本講座を選択した。
感想として言えるのは、本講座を受講したのは間違っていなかったということである。日本語教師として始められる前に基礎科と専門科のワークシートを終了していてすでに基礎的知識を得ていたことは、9月から働き始めた際に役に立った。またマスター講座は働き始めてからも受講していたがその中で出てきた知識を実際の授業の中で使ったりすることも出来て応用も出来た。今現在週10コマ以上担当しているが、本講座を受講していなければもっと授業の準備が大変だったであろうし、非常に感謝している。
今後の抱負としては、今現在働いているポーランドの語学学校において頑張るということである。この学校は日本語教育のみを行っているにもかかわらず、非常に受講者が多く、私が住んでいるカトヴィツェ以外にも7都市で日本語教育を行なっており、生徒のモチベーションも非常に高くやりがいがある。しかしながら、まだまだ私自身は未熟であり、もっと勉強して知識を付けていきたいと思う。また自分で教材を作るなどのこともしていきたい。

Gさん 女性 (オーストラリア)<
講座を始める前は、「私にできるだろうか? 子供の世話と家事との掛け持ちで一人でやっていけるだろうか?」という不安がかなり大きくありました。
でも実際に始めてみると自分の知らなかったこと、あいまいだった文法や表現の仕方、指導の仕方などテキストやDVDを見るたびにでてきて、驚いたりうなずかされたり。もうすっかり勉強にはまっていって、たのしい!とさえおもえてきました。
このとしになって何かを夢中でやることなんて忘れていましたが、学ぶこと 知ることがこんなに人生を充実させてくれる、また目標があることがこんなにもやる気を奮い立たせてくれるということを改めて知りました。
通学は一切なしの通信教育のみでの終了となりますが、現在日本語クラスのアシスタントをしているため、クラスを観察しながら先生の教え方を見て予習復習を自分なりにしてきました。時には自分の子供をも巻き込んで模擬授業も行いました。
基礎講座は自分も学びなおすことが多く、そのうえ発見も多くどんどん進みたくなる面白さがあり、マスター講座では日本語の歴史や概念 細かな説明などが含まれており 講座を受けなければ知らなかったであろうことが沢山盛り込まれていて勉強になりました。
何とかここまでくじけることなくやってこられたのも、毎回丁寧な添削をしてくださる先生のおかげだと思っています。DVDでのみで先生を拝見することができましたが、とてもやさしそうでユーモアもある先生なんだなと感じました。
振り返ってみるとあっという間の半年でした。
ここがゴールではありません。私の現在の短期目標は、自宅で子供たちのために日本語のクラスを開くことです。 チャンスがあればローカルの小学校などでも教える経験をしてみたいものですが、まずは小さく始め確実に実力と経験を積み上げていこうと思います。広告を作ったり、子供用教材を用意したりとやることは山のようにありますが学校のテキストとDVD、先生からの添削などを何度も見直して自分なりの教え方、生徒とのかかわり方を学んでいこうと思います。
先生、短い間でしたが大変お世話になりました。
今までのご指導とコメントを忘れることなくこれからもまず自分が楽しむというスタンスで頑張っていきます。

O.さん 女性 (シンガポール)
今回、この講座を受講して、多くの視点を得ることができました。そして本当に楽しかったです。日本語教育に関する知識がほぼゼロの状態から始めたので、初めは目の前にある学習内容を追っていくだけといった感じでしたが、だんだん、ある事項とある事項が有機的につながっていくようになり、理解の加速度が増していきました。この講座を受講しながら、検定試験の参考書や日本語関連の書籍を並行して読んでいるのですが、この講座のテキストや先生のご指導は、日本語をより俯瞰的に見ているように感じました。そして他のテキストには見られない観点で説明がなされているところが多く、大変参考になりました。特に先生からのワークシート添削に記されている内容は、いずれかのタイミングで自分なりにまとめて、これから日本語を教える際のガイドブックのようにしたいと思っています。
実践としてオンラインで日本語を教え始めたのですが、初級の英語母語話者へのレッスンには、今までこちらで学んできた間接法の教え方がとても役立っています。ちょっとした単語やフレーズ(助詞はparticleと言うんだということや、practiceの際にどのように英語で指示を出せばよいかなど)は、こちらのテキストで親しんできたからこそ、レッスンに生かせていると思います。
これからどういう場で日本語教育に携わっていくかというのは、まだ考えている途中です。日本語学校で非常勤として働くのか、それとも地域の日本語教室でボランティアとして携わるのか、はたまたオンライン一本で教えていくのか。オンラインで教えていると、「日本語学校で日本語を学習している(学習した)がそれをアウトプットする機会がない」という生徒に多く出くわします。そこに自分の役割があるのかもしれないと思ったりもしています。
日本も外国人受け入れ拡大に大きく舵を切り、日本語教育の世界もこれから大きく変化することが予想されます。従来の枠組みにとらわれず、「日本の文化を理解し、日本語で意思疎通をする」という学習者たちの根本的な目標をどうすれば達成してあげられるのかを常に考えながら、日本語の教え手としての懐を深くしていきたいと考えています。

Sさん 女性 (シンガポール)
この講座では日本人でありながら、日本語、また日本文化についてほとんど知らなかったということ、また、日本語と英語との違いなど多くを学びました。
特に29ページの「文化相対主義」、132ページ「言語と心理」の「専門的知識」、「手続き的知識」、249ページの日本語の動詞の受身、「間接受身」、434ページのコミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング、サイレント・ウェイなど、私が毎日の職場で直面している出来事についても、学ぶことができました。
クラスで、教えるときにも、ぼんやりした説明しかできなかったことが今回、自信を持って教えられるようになりました。
年末には62歳になりますが、あまりにも、知らないことが多すぎ、もっと早くこの講座を知っていればよかったのにと思います。この講座を終了しましたら、早速、同じ学校の若い先生たちにこの講座を紹介したいと思います。
また、日本語教育を学ぶにあたり、この教科書の根底には、学習者に対する強い愛情がながれていることを感じました。
マスター講座にはいってからは、かなり勉強がきつく感じ始めていましたが、いつも先生から、ワークシートを送付のたびに「お疲れ様でした」と言う言葉があり、常にわかってもらっている、と言う安心感と、毎回のワークシートをなんとか受け止めていただいているのだと思うことができ、常にこの勉強を続けていくことに勇気を持つことができました。
また、してくださる添削が、毎回、とても詳しく、わかりやすく感謝しております。
今後は、クラスにおいても、常に自分の知識が試されることでしょうから、続けて、この教科書をよく読んでいきたいと思います。
また、いまの職場でクラスで教えることと、また、多様化した学習者の要望に応じられるように、コースデザインなどを試行錯誤しながらやって行きたいと思っています。
本当に、長い間、お世話になりました。多くを学ぶことができました。
ありがとうございました。
出来れば、来年、日本語教育能力検定試験を受けたいと思うようになりました。

Mさん 女性 (シンガポール)
毎回のレポート作成時、学んだことをまとめていく中で、「この場面では語用はどうなのか」、「この言葉は実際に話し言葉で使えるのか」など考える機会がたくさんあり、それが日本語へのさらなる関心につながっていきました。気になったことを徹底的に調べる癖がつき、それが理解につながったことを感じました。特に「ムード」、「アスペクト」、「ヴォイス」をなかなか理解できず、課題を提出するためにかなり時間を要したのを覚えていますが、その時間のおかげで、今はそれぞれをきちんと理解できています。先生に「ワークシートは大変良くできていました。」と言ってもらえるのがうれしく、次もまた言ってもらえるように頑張ろうと、その言葉を励みにしていました。また、実際に教室で授業を受けられないものの、毎回丁寧な添削と説明のおかげでとても濃い復習時間を提供してもらえたと思います。これからもずっと残っていくものなので、つまずいた時には見返して初心に戻ります。
大事なことを一冊にまとめていただいた教科書は、現在日本語教育能力検定試験の勉強のよりどころになっています。これから教師として学習者に教授するためには継続して知識をつけること、そしてすすんで実践すること、そして成長し続けることだと実感しています。
この講座を終えてようやくスタートラインに立てるといった気持ちです。今年の10月の試験に合格し、いつでも日本語教師として働けるよう、準備していきたいと思います。いつも笑顔を忘れず、学習者と楽しく授業ができる教師になりたいです。

先生、長い間お世話になり、ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

Oさん 女性 (茨城県)
基礎科からマスター講座を通して、今まで知らなかった日本語を教えることの難しさや楽しさ奥深さなどさまざまな発見をすることが出来ました。毎日使い、親しんでいたはずの日本語の新しい側面を見ることができ「日本語」という言語をもっと好きになれた気がします。はじめは覚えることが多く戸惑いましたが、先生の丁寧なご指導とアドバイスを受け最後まで続けられました。日本語講師になりたいというモチベーションを保ち続けていられたのも、先生方や周りの人達のおかげだと思います。本当にありがとうございました。私事ですが、台湾の日本語学校での採用が決まり、来月から日本語講師として働くことになりました。これから働く台湾の日本語学校でも、日本語と日本の文化を楽しく、面白く、生徒と一緒に学んでいきたいと思います。生徒とともに成長していける日本語講師になりたいです。今まで大変お世話になり、ありがとうございました。

Yさん 女性 (神奈川県)
日本人に生まれて日本人として育ってきた中で、日本語という言語を国語という形で勉強し今日に至りますが、本講座を履修してきた過程で、日本語という言語を見直すとともに、新しい発見をいくつもすることができました。
特に知っているようで知らなかったのが「は」と「が」の違いです。今まで特に意識もせず経験と感覚で使い分けをしてきたのだと思いますが、本講座でこの違いを勉強することで、こんな違いがあったのかと認識を新たにしました。またこれと同様に、助詞の「~に」と「~へ」の違い、「知りません」と「わかりません」の違いなど明確に説明できなかったことが、理解でき非常に勉強になりました。更に、自分が日本語教師の勉強をすることで、日本語の使い方について、それが正しい使い方かどうか深く考えるようになったことも有益なこととなりました。
私の希望は、あと数年後には外国で日本語教師として働くことです。そのために、本講座で学んだことを復習して完全に自分のものにするとともに、日本語教育に関連する書物、記事などを参考にして、日本語教師になるための勉強を続けていきたいと思います。
長期間にわたるご指導をありがとうございました。

Oさん 女性 (神奈川県)
講座を通して、日本語を外から客観的に眺めるということができた 。日本語に独特な位相や、外とうちの表現などを学ぶことを通して、改めて言語と文化は互いに深く関わっているということを実感するとともに、日本語の独自性を称賛できた。また、こうしたことを、ぜひ学習者に知ってもらいたいと思った。
とても多くの情報を扱ったため、特に細かい部分はすべて頭に入っているとは言えないが、少なくとも全体像が見え、頭に引き出しを作ることができたと思う。実際に教えて訓練する中で、この引き出しを自由自在に扱えるようになりたい。9月からJapanese Linguisticsを学ぶためにカナダの大学院に進学する。大学院では、この講座で学んだこと、疑問に思ったことをさらに突き詰めていきたいと思っている。将来的には、カナダの高等教育機関で日本語を教えたい。それに備えるために、大学のTA(Teaching Assistant)制度に応募したり、プライベートチューターなどをしたりして経験を積みたい。途中怠けてしまったが、最後までやってよかった。辛抱強くご指導いただき、ありがとうございました。

Mさん 女性 (マレーシア)
講座はとても楽しかったです。
以前より興味はあったのだから、もっと早く講座を受けていればよかったと思いました。
マスター講座のテキスト(日本語教育全書)を始めた当初は、本は分厚いし、難しい内容も多く挫折しそうになりましたが、村上先生の丁寧なご指導と奨励のおかけで、なんとか最後まで終了することができ、「やれば出来る」という自信になりました。
以前より「日本語を教えて欲しい」という要望はあったのですが、教え方がわからないので躊躇していました。これからは、日本語を習いたい人がいれば、教えることが出来ます。
本講座終了後は、復習は勿論、日本の歴史や文化にもっと詳しくなるよう本を読み、最新の日本文化の知識も増やす必要があると考えています。
私の住むマレーシアでは、日本語を習いたい若い世代の人のほとんどは、日本のアニメに興味があるので、日本のアニメや漫画をもっと見て勉強しようとも考えています。
今後は、ゆっくりになると思いますが、使える教材をたくさん作り、いつ頼まれても日本語や日本の文化紹介が出来るように準備していきたいです。
出発は遅れましたが、これからは日本人として恥じないよう、日本語と日本の知識をもっと増やしていくつもりです。

Yさん 女性 (佐賀県)
いつか日本語教師になると漠然と思っていましたが、海外、オーストラリア・シドニーの学校に通学できない私にとって、WJLCの420時間日本語教師養成通信講座は自宅にいて自分のペースで学習ができて本当に良かったです。通信教育は初めての試みでしたが、テキスト以外にも日本語を教えるための解りやすく解説したCDやDVDもあり、教材が充実していました。またワークシートのやり取りも迅速性を活かしたオンライン学習という現代ならではの方法でとても手軽で、最後まで楽しく学習を進めることができました。なにより、毎回担当の先生から返ってくる添削シートはテキスト以外のことも詳しく説明されており、私の質問にも丁寧に答えてくださり、ありがたかったです。高卒の私が日本で日本語を教えるとなると資格に準ずる日本語教育能力検定試験に合格したほうが有利だからと、担当の先生に勧められ、最初はあまり興味がありませんでしたが、先生から送られてくる検定試験の過去問の詳しい解説を何度も読んでいるうちに検定試験の勉強もおもしろくなり、ダメもとで検定試験を受けてみましたが、一発で合格しました。今でも信じられませんが、夢の実現に一歩近づけたのは間違いありません。最後に日本語教授法の勉強はどこも授業料が高いのですが、WJLCの420時間日本語教師養成通信講座は授業料が格安で、お金のない私には大助かりでした。ありがとうございました。

Tさん 女性 (台湾)
母語としての日本語と違って、日本語を教える立場で日本語を学ぶといろいろなことが見えてきました。
どういう所で日本語学習者が疑問に思うのか、難しいと思うのかなど普段では考えないことも考えることができました。
また、日本語を生まれた時から話している日本人には当たり前のことでも学習者にとっては当たり前ではないことを知り、日本語について深く学ぶ機会にもなりました。
まだまだ日本語教師としては知識や技能が不足していると思うので、これからも学び続けていきたいと思っています。
この講座を受け始めて、海外で日本語教師として働きたいという思いが強くなり、台湾で7月より現地の日本語学校で働くことが決まりました。英語圏ではない国ですが、本講座で学んだことも活かしつつ、現地で日本語教師としてが
んばっていきたいと思っています。
一般講座よりお付き合いいただきありがとうございました。

Sさん 女性 (神奈川県)
この講座を知ってから受講に至るまで数年かかり、念願叶いやっと昨年に学習を開始することができました。体調の問題や仕事の勤務時間を考え、最後までやりきることができるのか不安でしたが、無事、修了することができて充実感と達成感、そして感謝の気持ちでいっぱいです。
ここまできちんと学習するのは学生の時以来となり、この講座を通し、学ぶということの大変さや楽しさを改めて感じました。学習中、体調不良が続き、急な不幸もあり、勉強に集中できない時期もありましたが、この経験を経て、学習者の気持ちを理解することができるのではないかと思います。
日本語教育を通し、学習者の日本での生活がより充実したものになるよう、私も学び続け、ともに成長していきたいと思います。
今月から福祉大学に編入学することになりました。私の夢である、福祉と日本語教師のプロを目指し、多くの方と関わりサポートしたいと思います。
約半年間、大変お世話になりありがとうございました。特に、熱意を持って、最後まで丁寧に指導してくださった先生にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

Nさん 女性 (シンガポール)
前半の専門科については実技に直結するものがあり、授業を想定(実施)しながらの学習をすることができ有効的で有意義な学習と感じました。
また、マスター講座については日本語についての知識や背景など、論理的、歴史的に記憶に留めなければならない学習となりましたが、これらの知識を習得してこそ、日本語学習者に幅広い知見を持って教えることができるものと実感しました。
今後は、本講座で得た知識・教授方法を生かしながら、日本語習得希望者に、日本語の良さ、日本の文化を知ってもらえるよう、更に日本語教育の学習を続けたいと思います。

Nさん 女性 (兵庫県)
受講を始めてからですが、海外の日本語学校へ行く機会があり日本語教育に関わりながらの受講となりました。
実際の教育現場で受講内容を活かしながら学習することができたので、自宅でただ通信教育を受講するよりもより良いものにできたと実感しております。
通信教育だけで本当に日本語教育について学べるのか不安でしたが、DVDなどでの解説もあり難しいと感じる部分も理解することができました。
日本語というものがこれほど奥深く難しいものだと感じることなく生活していた私ですが、日本語はとても難しい言語だということを認識しました。
そんな難しい言語を教えるためにはまだまだ勉強が必要だと感じております。
この通信教育をきっかけに修了後は日本語教育能力試験に合格するという新たな目標もできました。
日本語教育に必要な知識、経験をさらに深め、多言語学習にもより一層努力して参ります。
そして、いつかは世界中の日本語学校を訪問してみたいと思っております。
毎回、ご丁寧に解説頂きありがとうございました。

Mさん 女性 (千葉県)
約一年前、本講座を始めるにあたっては、正直不安や心配がありましたが、受けてみて良かったと思いました。
教材は大変解かりやすくて、英語版もあって安心しました。
日本語の知識だけではなく、日本の文化、歴史、政治など幅広い分野を学習できました。
そして基礎、専門、マスター講座まで自分のペースに合わせた勉強方法でステレスなく楽しく学べました。
日本語講師としての肝心な事柄を学習することができ、すごく感謝しております。
そして担当指導員には丁寧にワークシートを添削していただき、ありがとうございました。
これからは今までの知識や経験を活かし、学習者に合ったレッスンプランを自信を持って正しい、解かりやすい日本語を教えたいと思います。
私にとってWJLCの教材やワークシートは自分の宝物です。
長い間に渡ってご指導頂きありがとうございました、
そしてお疲れ様でした。
本当にお世話になりました。

Dさん 女性 (オーストラリア)
本講座を終えて率直な感想は、先ず無事に終了することができ嬉しく思います。同時に日本語を教えるということはとても難しいことだと感じました。海外で日本語を教えるということは日本人を代表しているということであり、それを意識し、学習者と真剣に向き合い、また学習者が正しく日本語を理解していくよう取り組んでいかなければならないと強く思いました。
今後の抱負としましては、今まで個人に日本語を教えてきましたが、いずれはグループで教室を開いてみたいと思います。また、希望者には自宅のキッチン・ダイニングルームを開放し簡単な和菓子や巻き寿司などの作り方を教えながら日本の食文化にも興味を持ってもらうようにしたいと考えています。
末永く日本語を教えることができるように私も自信を持ち、また楽しみながら各国へ移動する上でその国での学習者さん達との交流をしていきたいと思います。その中で、少しでも日本語を学習したいという方や、日本に興味がある方達の手助けができるように一層の努力をしていきたいと強く感じました。
毎回、先生から丁寧な説明と解説をして頂き、復習する上でとても勉強になりました。本当に感謝しています。WJLCで培ったことを無駄にせず、十二分に発揮できるようにこれからも精進していきたいと思います。どうもありがとうございました。

Wさん 女性 (カナダ) 
本講座を受講した理由は、カナダ人6人の日本語クラスを受け持ったことがきっかけです。
日本では教員としての経験があるので、授業の進め方、学習者とのコミュニケーションにはそれほど問題はなかったのですが、日本人に対して国語を教えるのと、外国語として外国人に日本語を教えるのでは、全く違った知識が必要であると感じました。
日本語を話せるだけでは日本語は教えられない、もっと専門的な知識や資格が必要だと思い受講を決意しました。
本講座は英語での教授法が学べるという事で、どのように英語で説明したらよいのか、また文法用語も英語で学ぶ事ができて非常に役に立ちました。
また海外在住なので日本の学校に通学できない分、本講座はオンラインでレポートを提出できたので、とても良かったです。
今後も引き続き日本語クラスを受け持つことになりそうなので、本講座で学んだ事を活かして授業を行っていきたいと思っています。
最近は日本語や日本の文化に興味のある外国人が増えてきているように思います。
プライベートレッスンやインターネットレッスンなど、日本語を教える機会があったらぜひチャレンジしてみたいと思っています。
本講座は修了しましたが、さらなる知識が必要だと感じましたし、日々勉強していかなくてはいけないと思いました。
毎回丁寧な添削どうもありがとうございました。
復習もかねて、また最初のレポートから見返したいと思います。
本講座を受講してとても良かったです。ありがとうございました。

日本在住中国人男性
今までのご指導、誠にありがとうございました。非常に丁寧なご添削と詳しいご説明、課題内容に関連する教科書にない知識まで沢山教えてくださり、日本語教育について深く学ぶことができました。受講してから約1年半ほど勉強しましたが、大変勉強になったとしみじみ感じています。
前半では日本語を教えるのに必要な基礎知識を学び、人に教えるための知識を学んだのが大きかったです。私自身外国人ですが、恥ずかしながら初級の文法、特に助詞などは多読によって感覚的に慣らしたところが多かったため、改めてそれらが示す「格」について学ぶことができたり、収穫はとても大きかったです。また、段階的に教えることの重要さを何度も何度も教えていただきました。
後半のマスター講座では日本語と日本語教育についてより広く、深く学ぶことができたと思います。シラバスの種類やさまざまな教授法についても知ることができ、漢字についても教えるための知識を学ぶことができました。これは中国人だからこそ知らなかったことであり、大変勉強になりました。
マスター講座の教材にも書かれていましたが、教える技術だけでなく、日本語教師として必要なさまざまな知識も同時に学ぶことはとても重要なことだと思います。すぐに日本語教師として働きたければ、国に帰って家庭教師をしても、日本語を教えることはできますが、おそらく日本語を教えること以外はなにもできないと思います。
私は博士学位を目指して研究している身ですが、修士課程からの専攻が変わっているため、入学当初は日本語教育について何も知らない素人状態でした。しかし、私の大学には日本語教育はおろか、言語に関する講義(日本語や英語授業以外)もありません。日本語教師育成講座で日本語を教えるための知識だけでなく、日本語教育に関連するさまざまな学術的な知識を学んだことは、私のこれからの研究に大きく役立てると思います。
講座終了後は研究を進めるため、日本語教師として就職し、博士課程の研究と同時に進めていきたいと思っています。現場の経験がほとんどない私ですが、ここで学んだことをうまく消化するためにも、日本語を実際に教える経験を積んでいきたいと思っています。
実は先週、埼玉にある日本語学校で専任講師の内定をいただきました。すでに今週から研修(非常勤講師)も始まっていて、4月から専任講師として働くことになります。
直接法でまず中級のクラスから教え、慣れてきたら初級も教えることになります。ベトナム人の学生がほとんどなので、ベトナム語をこっそり独学で学んでおります。不安もありますが、こちらで学んできたことをどんどん生かしていけるよう、精進いたします。
改めまして、これまでのご教授、誠に感謝いたします。ありがとうございました!!!

匿名希望 女性(インド)
この講座は私の中で本当に革命がおこるぐらいの衝撃を与えてくれたと実感しています。
それは今まで自分が使っていた日本語がこんなに奥深く、また面白く、複雑だけど簡単で、すべてが精通していることがこの講座を通して理解できたからです。今までの私の日本語に対する意識を変えてくれたので、これからの日本語教育に対する意識も随分変わりました。この講座を受けて本当に良かったです。
また、英語圏に住んでいる私にとっては、英語で説明してあるこの講座が非常に役に立ち、外国人の考え方も理解していらっしゃる講師陣のお陰で、外国人と日本人の間に起こる理解不能な問題もあっさり解決してくれました。ですから本当に心の面でも助かりました。
日本語教師としての生徒を理解する点、またその生徒が外国人であることからその国を尊重し、理解し、そこから回答を見出していくのはやはり外国に住んでいる、また外国人によく精通しているこの講師陣にしかできないことだし、その奥義を伝授していただけたこと本当に私にとってラッキーでした。しかもこの受講料で!
本当にお世話になりました。