講座卒業生

Ger_A

 このたび日本語教師養成420時間総合講座の受講を期限内に完了させることができ、充実と安堵の気持ちでいます。一般講座で、基礎を体系的に学び、マスター講座で広範囲の知識を学ぶことができました。テキストも詳しく、とくに「日本語教育全書」は、日本語教育に関する知識が幅広く網羅され、役立ちました。今後も手元において繰り返し確認することになると思います。
毎回、丁寧な添削をいただき、わかりやすくご指導いただいたことに感謝しています。受講前から、日本語の個人レッスンをしていましたが、教える場があったことにより、より具体的に知識をみにつけることができましたし、受講によって、よりよい日本語教授が行えるようになりました。
また、自分自身も外国語として英語やドイツ語を学んでおり、とくにドイツ語は大人になってからはじめたので、外国語を0から学ぶ苦労も経験しており、日本語を教えたり、日本語教授法を学んだりすることが双方向で役に立ちました。何人かのドイツ語の先生の指導を受けましたが、授業のわかりやすさ、理解のしやすさなど、生徒の立場でも考えることができますし、学ぶ立場として、教える側の意図を実感したり、言葉のしくみを理解できたりしたことなども面白い発見でした。
 数ヶ月前から、日本語授業補習校で、日本語を母国語、または第二外国語とする児童・生徒に「国語」を教えはじめました。国語としての日本語は、外国語としての日本語とは少し違うところもありますが、児童・生徒たちのアイデンティティー確立の時期に、日本語を教えることに大切さを実感し、やりがいと熱意をもって取り組んでいます。
今後も言語教育者として、日本語に関心を持ち続け、言語感覚を磨いて行きたいと思います。 

Usa_S

 今、全講座を終えて心から充実しています。
それは、講座を終わった達成感も、もちろんですが、主に日本、日本語をより深く知る事が出来た、充実感から来ています。
講座に最初から、自分が普段当たり前に理解出来ている「日本語」という言語の奥深さを感じていました。
講座が進むにつれ、広く深く、過去から現在の日本語の変化も楽しく勉強できました。単に、知識として覚える、というのではなく、どんな言語にも、その言語の後ろには、その文化がある、と改めて知りました。その文化を知らずに、その言語は理解できない、もう一言に尽きます。
私は、異文化を理解し、又、日本人として、誇りを持って、日本語を教えたいと思います。
最後に、この素晴らしい講座を作っていただいたワールドジャパニーズランゲージセンターに感謝します。
ありがとうございました。

Usa_S

 この講座は、ログインから課題提出まで、全てが学習者にとってやりやすく設定されていて大変良かったです。コメントの内容の濃さにはとても感心し、勉強になりました。
特に教材が素晴らしく、目から鱗がおちる思いを何度もしました。
それだけ、日本語について知識不足だったのかもしれませんが、日本語の再発見を確認し、もっと日本語が好きになりました。
質問に関しまして早急にご回答くださり感謝申し上げます。

Tok_T

 いつも添削していただきありがとうございました。添削後の解答を見るのが楽しみでした。とても細かく、わかりやすく説明をしてくださっているので、深く内容を理解することができ、本当に勉強になりました。私は別の本も購入していましたが、どの本よりもわかりやすく内容も充実しているテキストでした。教える時にもとても役に立ちました。
日本語の教師の仕事は、いくつになってもできる仕事だと思います。もう私は50代後半ですが、これからも、日本語の勉強を続けて、楽しく、わかりやすい授業ができるように、常に頑張っていきたいと思っています。そして、できる限り続けたいと思います。

Hir_S

 私は、35年間中学校の国語教師をしていますが、このたびの講座は大変参考になりました。テキストである「日本語教育全書」は大変専門的であり、日本語についての歴史や文法体系、言語学・心理学など久々に大学での講義を思い出しました。この講座で学習したことは日本語教師としての実践を支える重要な知識のよりどころになります。今後、ベトナムで日本語教育に携わりたいと思っていますが、現地へ赴いてもマスター講座の主教材「日本語教育全書」は重要なテキストとして活用し、日本語を教える私の力量の裾野を広げるものにしたいです。また、先生方からいただいた通信添削での「まとめ」もデータとして現地で活用できそうです。
 一般講座で学習した実践的対応に加え、マスター講座は言葉を支える日本人としての文化理解をさらに豊かにし、国際社会の一員として広い視野を持つべきこと改めて思い知りました。
 長期にわたってのご指導、大変ありがとうございました。

Cam_M

  最終レポートを出すにあたり、最初のレポートを読み直しました。4月30日。約八ヶ月前です。この八ヶ月は、本当にいろんなことが…特に7月からは、一週間毎に「人生が変わる」ような日々でした。
  4月に受講を決意した時は、(日本語教師とは無縁の)別の仕事についており、「なぜ申し込んだのか?」と自問自答。今思えば、不思議な力で既にレールが敷かれていたようにも思います。
  現職場は、日本語教師暦30年近いJFの専門家、日本語教師は初ながら、言語学を学んだ方、教師暦2年から8年のカンボジア人教師…私は日本語教師としてはひよこもいいところの私です。が、環境に恵まれ講座と平行して実践のチャンスを得たことは本当に幸せだと思っています。
 日本語の世界は、本当に深い。学び、教える中で「自分が何をしたいのか」が明確になりました。私は、「日本語」を教えるのではなく、「日本語」を通して、「日本…文化、伝統、ビジネスetc」、今のカンボジアに必要なこと(欠如している何か)、それを少しでも埋めることができればいいと考えるようになっています。   講座を続けられたのは、先生方の添削だけでなく、行間に溢れる沢山のご指導、ご助言をいただけたからと心から感謝しています。最終レポートを送るのがちょっと寂しいそれが今の気持ちです。ありがとうございました。

Aic_S

 今まで何回もやってみて最後までやり通せなかった日本語教師養成講座の最後の挑戦として始めた本講座でしたが、期待以上の内容でした。最後の最後でやり通せたこと、大満足です。この内容を全部習得できれば素晴らしい教師になれると思います。
これで昨年大卒資格を取りましたので、420時間の講座が終了できれば日本語教師としての可能性が拡がるでしょうし、今後は日本語教師の道へ進めるよう努力を続けるつもりです。

Usa_H

まず、ここまでご指導くださってありがとうございました。これまで通信講座であまりうまくいったことのなかった私ですが、今回は非常に充実した学習機会を与えていただきました。本当にありがとうございます。
現在、アメリカの大学院で英語教授法を学ぶ傍ら、日本語の授業を受け持っております。同じ言葉を教授していくことにおいて、本当に深く学べたと思います。 一番大切なことはこの講座で学んだことを如何に実戦で生かしていくか、ということだと実感しました。そして実際に実戦で生かすとき、本当に役に立ったのがこの講座で学んだこと、そして本当によく出来ているテキストでした。この講座を復習し、テキストを利用していけば、必ず実戦で使えることがよく分かりました。

Kor_Y

私は韓国で日本語教師をしながら、大学院で公衆衛生を学んでいます。来韓する際に、仕事上役に立つはずと思いこの講座を申し込みました。そして、終了する今、感想は期待した以上に良いプログラムだったと思っています。
この講座の良いところは自分のペースで、外国でもできるところだと思います。また、先生の丁寧なフォローがあるところも、本当に素晴らしいと思います。私は実際に外国人に日本語を教えているので、授業中に質問される事があります。その時、ここの教科書やインターネットを見て答えを準備しますが、実際どこにも載っていないものもあります。そんな時、先生に質問をしたら丁寧な解説が返って来て本当に助かりました。私はマスター講座の後半から、具体的な質問を先生にしていましたが、もっと早くから先生に色々と聞いて教われたらよかったのに、と思いました。
いつまで日本語教師を続けるか分かりませんが、私が学んだ事はこれからも財産となると思います。今後とも、より分かりやすい授業ができるように努力していきたいと思います。本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。

Aus_M

最初は通信制に不安はありました。
しかし実際に始めてみると、内容も面白かったので最初の前半はすいすい進みました。後半は、自分の仕事や引越しなどでなかなか思うように時間が使えず不安になりましたが、そのあとは仕事を辞め勉強に専念しました。まだその時点で420時間を終了した訳ではありませんでしたが、もう自分でできることは自分ではじめてみようと思い、自分でポスターを作り、パースのUWA大学に行って家庭教師の張り紙をしたり、日豪センターでボランティアで事務の経験をさせてもらったり、日豪センターのグループレッスンのアシスタントも自分から積極的に頼んでしました。すると日豪センターからも教師をやってほしいと言われたので、まだ420時間終了していませんでしたが、そこでも働く事になりました。
他にもローカル紙に広告を出したり、家庭教師ウェブサイトに登録したりするうちに、何人かから連絡が入り、10月ころから2人の生徒さんに日本語を教えるようになりました。
そして、10月19日にベルモント・カレッジ・スクールという高校に行って1クラス(20人)×3クラスに日本の書道についての授業を行う事になり、書道と日本の漢字について8歳くらいのお子さん達に教えました。その後は東京盆踊りを教えてみんなで踊りました。とても緊張しましたが、ゲームなどを盛り込んで、楽しく漢字を教える事ができたと思います。
そして来週の日曜日はパースのカーティン大学で日本語能力テスト(JLPT)の試験監督をする事になりました。たった1日ですが、この経験も今後教師をやる上で活かせることもあると思います。また、今週の週末からはパースのシティビーチにある日本語補習校で働く事になりました。そして来年の4月からは小学校高学年のクラスを担当する事になりました。来年からは更にWACEを受ける高校生中心に家庭教師をしていこうかとも思い、それ専用の勉強を始めるつもりでいます。

Poland_H

この講座を受講する前にも3年間ほどスペインで日本語教師をしていましたが、自分が日本語のネイティブというだけで教えていたので、いざ日本語を教えるとなると、不確かで自信がないということも数多くありました。
しかし、WJLCの通学講座では教師としての心構え、実際にどのように授業を展開していけばいいのか、また、通信講座では日本語教育に関する知識を得ることができ現在、授業をやる上での自信に繋がりました。教科書も、直接法、間接法、日本語教育全般に関する本とあり、情報がとても多いにも関わらず、よくまとまっていて学習しやすかったです。この先、教えていく過程で、問題にあたる度に、この本が助けになってくれそうです。毎回の レポート作成の課題を終える度に日本語というものを母国語話者とは違った視点から見ることができ、海外で教えられるという自信がついてきました。
現在、既にポーランドで日本語教員として、日本語の指導をしています。以前、スペインにいた時よりも、自信と余裕を持って授業に望めるようになりました。また、日本語を教えるためには相手の言語を知ることも大切なことだと気づかされます。国により母国語と関連した間違い傾向があるようです。 私自信がポーランド語を学習し、この文化を知り、理解していくことで、よりよい授業にできるはずです。
多くの生徒にとっては、私が初めて触れる日本、日本文化です。言語だけでなく、文化や歴史、地理など様々な日本に触れる手助けをし、生徒自身が新たに本物の日本を発見すること、そして好奇心を満たすことができるよう、WJLCで学んだ経験、知識を活かし、4月の通学講座の時の初心を忘れず日々努力していきたいです。

Chiba_N

これで全課程のレポート提出が終わったということになると思います。お世話になりました。ありがとうございます。今までいくつかの通信講座にチャレンジしたことがあったのですが、この講座以外は残念ながら終了までたどり着くことがなかったので感慨も一入と言ったところです。本当にありがとうございます。 講座を終えての感想ですが、マスター講座は基礎・専門講座に比べると、試験対策を意識しているせいか、実用的というより概念や知識など日本語教師としての「素養」を高めるための内容だったと思います。だからレポート提出のために結構パソコンで調べることが基礎・専門講座の時より多かったですが、日本語についてたくさんの方がいろいろな考え方や見方をしていることも知りました。 体調を崩して現在はどなたも教えていませんが、基礎・専門講座、マスター講座の両講座を受講したことで自信が持てるようになったし、学習者に合せた指導法についてバリエーションを考慮できるようになったと思います。これからは学習者に落ち着いて向き合って行けると思います。 貴校が今後も末永く活躍されることを願っています。

China_N

この講座を始める前の自分と、現在の自分では大きな成長があったと思います。 一般講座からマスター講座と半年間段階を踏みながら日本語教育について勉強してきましたが、実際に勉強したテクニックを使ったり、いままでより上手く教えることができることによって、学生に喜ばれたりすることが多くなりとてもよかったと思っています。 日本語教師の私としては、学生の笑顔や上達はパワーの源ですが、なにより自分自身が日本語について成長していくことが不可欠であると実感しています。そのための基礎を本講座で身に着けることでき、とても有意義でした。  今後も、自分自身の努力を怠らず、多くの人に日本語を教えていきます。またそれとともに日本の素晴らしさも伝えていくことを続けていきます。

Oit_D

これまで何気なく日常的に使用していた日本語ですが、本講座を学習した事によって、日本語についてたくさんの知識を身につけ、また様々な発見をする事ができました。時代の流れで変化してきた日本語、これまで意識す る事の無かった細かい法則や用法、似通った言葉の違いなど、多くの事を理 論として学ぶ事ができ、より深く母語を理解する事ができました。420時 間のコースを学習した事によって、まずは日本語教師としての土台となるも のが築く事ができたと感じています。今後、日本語教師として指導する際には、今日まで学んできた数々の知識を存分に生かしていきたいです。

Osa_K

3月より、この講座を始めて8か月になりました。 私にとっては、短いようでとても長かった感じがします。 やっと最後のレポートを書き終えた今、心底ほっとしています。 60歳もすぎ、いったん学んだこともすぐ忘れるような状態で、本当に勉強とは、”強いて勉める”ということを実感する日々でありました。 先生の毎回のご指導のおかげでここまでやってこれました。 どうもお世話になり、ありがとうございました。 最初は、DVDの基礎口語日本語よりはじめました。 先生の直々の講義とても分かりやすかったです。 次に直接法、間接法による実際の授業のDVDを見て日本語を教える方法について日本語を教えるイメージがよく掴めた感じがします。 デモンストレーションの中で使われていたフラッシュカードとても分かり易かったです。 基礎科コース、専門科コースは、各課を学んだあとCDを聞いてポイントを的確に確認できました。 そこまでは、媒介語の英語で日本語教授法を学びました。 英語の方は、30数年前に大学で学んだのを最後として遠のいていましたが、このコースのおかげて辞書を頻繁に引き、さびた頭を回転させていきました。 英語で日本語を学ぶ大変楽しい時をもてたことに感謝いたします。 最後にマスターコース 日本語教育全書の分厚さにまず驚きました。 どういう風に学んでいくのか最初心配でしたが、毎回の先生の指示によりやり終えることができました。 65歳になってからは、海外・・・知った人がいるタイでチャンスをつかんで、日本語教師をしたいと思っております。 最後に、先生これまで丁寧に、温かくご指導いただき御礼もうしあげます。

Nag_Y

2年ほど前に日本語教師をしていて、もっと日本語教師としての専門的なことを習得したいと思いこの講座を受講しました。こちらの講座を受講して改めて日本語教師として必要な知識の多さ、これまでとは違った教授方法、特に教師としての資質・あり方など、再確認する点もありましたが、初めて知った事もたくさんありました。すべて教師として必要な知識・認識ばかりで、この講座を終える今、実際に教師として教える機会を持った時、本当に学生の多様なニーズに応えられるかどうか少々不安を覚えました。  日本語を教える事はもちろん、学生がどんどん日本語を話せるようになったり、お互いの文化や習慣に興味を持ったり、学生の成長や考え方など間近で感じ、ひとりの人と人として関われる教育に携われる事は本当にやりがいを感じます。日本語教師は日本人を代表する仕事ですので、その自覚を持って今後もまだまだ知識を蓄えていきたいですし、知識の習得を続けながら実際に教師として教壇に立てる日を思うと今からわくわくします。

Aus_C

今年一月からこの通信講座を受講しながらパートタイムでローカルの塾で高校生に教えはじめました。昨年、2週間通学コースを受講していたので、日本語教師としては全く未経験でありながらも即座に生徒に教えることが出来ました。毎回、教えながら学んでいく事の重要性を体験致しております。 今までの日常生活においては、気づく事ができなかった様々な日本語表現の素晴らしさ、奥深さ等を今回の講座を通して発見することができ、大変感謝しております。 その反面、知らず知らずの内にどれほど間違った日本語を使用してきているかということも痛感させられ、いついかなる時も初心に還る精神で学んでいきたいと思います。 膨大な日本語知識を今後更に学び続けながら、多くの外国人に日本のよき伝統と言語を通し国際交流の一環として貢献していくことができればと思っております。日本語教師のひとりとして、新しい世代に日本語を正しく伝えていく事の重要性を実感しております。 本講座のご指導、心より感謝申し上げます。

Chi_S

始めた頃は早く講座を終わらせて、次の検定試験を受けという考えでした。 しかし学び始めると如何に自分が無知であり、問題に使われる漢字すら解らずこのままではまずいと感じるようになりました。 一方日本文化(和)について総合的に学びたいという気持ちを抱くようになりました。 時間はかかるものの、いつか自信をもって日本の文化を伝えられる教師になれたらと思います。 また、教材の「日本語教育全書」はこの教材のお陰で楽しく学ぶことができましたし、再度全てを読み返し内容を完璧にできればと思っております。 この教材を作成して下さった八尋様に心より御礼申し上げます。

Hok_A

今回の講座を通して大変多くの発見がありました。基礎科・専門科では日本語教師として必要な多くの事柄を学び、普段から使用している日本語を日本語学習者の視点で捉え、1つの言語として考えるようになり、今までとは違った角度から自分たちの母国語である日本語を見つめるようになりました。マスター講座ではほとんどの日本人が知らないような事柄を知ることができて、私たち日本人が自分たちの言語や文化、歴史など様々な事柄についていかに無関心であり無知であるか、ということを思い知らされることになりました。また、そのことが学習を進めていく上で良い刺激となり、日本語に限らず日本に関する多くの事柄について精通することが、人に物事を教える日本人として大切であると考えるようになりました。 英語圏の日本語学習者に対する間接法に関する内容は、これまで学習してきた中でも特に興味深いものでありました。この講座の前半の教材であるSPOKEN JAPANESE(BEGINNERSⅠ/Ⅱ)は今では私の愛読書となり、このテキストを通して日本語と英語に関する多くの違いを改めて知る良い機会となりました。また、実際に授業を進める上で必要な技術的な事柄の記述や視覚に訴えかけようとするバラエティに富んだ実際の教材例、または自分自身による教材準備、研究が指導に当たって効果的である、といった記述が大変興味深かったです。

Ind_M

講座を始める前は出来るかどうか心配でしたが、ワークシートは一度の課題の量も多すぎず、難しい質問でもテキストを参照しながらであれば進められる内容だったので、ほっとしました。無事に終了できることを大変嬉しく思っております。  日本人で英語を話すことができれば誰でもある程度は日本語を教えられそうですが、体系的に整理された教授のための専門知識を持って教えることとそれとは、全く違うものだということが分かりました。  教材のテキストは大変見やすく構成されており、内容も理解しやすく、教える時のイメージまで湧いてくるような素晴らしいものでした。これらの教材は実際に教える際に使用できる一生の財産となるでしょう。

Tok_G

本講座を受け色々学ばせて頂き誠にありがとうございました。まずこの講座を受けて私の日本語力のなさの度合いを再認識することができました。そして自分自身の日本語力の向上に大いに助けになったのではと思います。この前段の講座では英語圏の人に教える間接法を学んだことは他社の講座に比べて意義あるスキルを磨けたのではないかと思います。これで教える対象を格段に広げることができると思いました。また日本語だけの説明では困難なケースもでてくると思いますので、この教え方も合わせることで教授法の幅を広げられ生徒への理解度を高めるのに格段に貢献できると思いました。 次にマスター講座に入り教材のボリュームの多さ・難易度がさらに上がりびっくりしました。やっと終了することができ一呼吸できて安心しました。共にこの様な内容の深い日本語を学習したことに非常に達成感が湧きました。今までこのような事を意識せず母国語として日本語を使ってきました。しかしこの様に日本語は複雑で難しいと再認識しました。日本語教師としてもちろん知らなければならないと再確認したと同時に、日本人として日本語を使っていく上でこの経験が今後の社会生活を高めていく上で役に立ち、日本人としてのさらに心を高めていく助けにもなると思います。 このコースの教材の提出物はこれで終わりますが、日本語教師としての勉強はこれからだと認識しています。今の年になってから申すのも恥ずかしい気持ちですが、この機会をステップにして日本語力の向上をさらに高めたいと考えております。

Shi_N

WJLC様の日本語教師養成講座を取らなかったら知らないことばかりでした。大変勉強になり、受講して本当に良かったです。教材も日本語、英語の両方の解説があってわかりやすく、教師指導要綱とシラバスもついているのでとても参考になります。DVDはさらに大変分かりやすい解説で毎回驚きの連続でした。通信講座ですが、内容がとても濃く、解説もとても詳しくて助かりました。良い教師になるにはまだまだ勉強しなければいけないことがたくさんありますが、添削していただいた解説や教材などをよく読み直して、授業に役立てたいです。日本語の発音や文法も、外国語と比較してより理解が深まりました。教師としての質が向上できるようにがんばります。大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

Kor_C

今まで挑戦してきた通信講座は数知れず…。そして飽きっぽい性格から最後まで成し遂げられなかった講座も数え切れず…。今こうして一般講座からマスター講座に至り、最後の課題を終えることができた自分自身が信じられない気持ちです。  講座を始める前は、通信教育でいったいどこまで専門的な知識を網羅でき、実用性のある教授法を学ぶ事ができるか不安でもあり、正直に言うとそこまで期待もしていませんでした。ですが、いざ一般講座の学習を始めてみると、母語として日常何の考えもなく使っている言語を客観的に眺めることができる楽しさはもとより、テキストの詳しい解説やDVDのおかげで、学習を進めるにあたり、まるで自分自身が本当に日本語学校の教壇に立っているかのような、そんな感覚さえ覚えるほど、実際に通学して学習している以上の満足感を覚えました。それはマスター講座に移ってからも言えることで、とても素晴らしい教材に出会い、そして大変丁寧で親身なご指導を施して頂いた課題の数々は、これからずっと私の宝物です。

Chib_S

私たちが学校教育で学習した国語は、文法や文を読み解く方法を学んだり文学作品に触れたりすることを通して基本的な「話す・読む・書く」を習得するものでした。それは日本語を母語とする日本人にしか通用しない学問なのだと改めて認識しました。 本講座を履修して初めて世界の中の日本語という大きな視野で日本語を捉えることができました。いろいろな角度から体系的に日本語を学ぶ機会を与えて頂き、初めて気づいたことも多々ありました。例えば、生まれてから今まで日本語を使ってきた経験から感覚的に正しいと思って使っていた言葉が間違いであることに気づいたり、漠然と感じていたことを理論的に説明されていたりして、大変興味深く学習できました。 現在、ボランテティアとして地域に住む外国人のための日本語学習支援をしています。 まずは今回の講座で学習したことを現場で実践し、学習者のコミュニケーション力を高め、「使える日本語」を習得するお手伝いができればと思っています。 3月に東日本大震災がありました。震災直後は我々日本人でさえも情報に振り回され、恐怖と疑心暗鬼で不安な日々を過ごしていました。被災地の方々はそれがまだ続いていますが…。言葉が分からない外国人は情報を得ることもできませんでした。このような時こそボランティアの必要性と国や自治体との連携がいかに重要かを痛感しました。 そして、今後はもっと経験を重ねてスキルを磨き、プロの日本語教師として日本に住む外国人のための日本語教育に関わっていきたいと思っています。 添削してくださった先生、一年間 ありがとうございました。

Mex_H

やっとすべての講座を終えたという感じです。基礎、専科、マスターそれぞれの内容に色々な含みも趣もあり、日本語教師の仕事をしながらの身には大変役に立ちました。   教授法などの部分では実際の授業の参考になる事が多かったですが、マスターに入ると自分が今まで疑問に思っていた事などが理論的に説明されてあり大変興味深かったです。   この講座で手に入れた知識を元に、これからも日本語教師としてのスキルを充分に磨いていきたいと思います。   今はメキシコで教えていますが、メキシコにだけ留まって教えていく事が私の目標ではないので、日本語対その他言語の比較の勉強など、いろんな国に向けて動き出して行ける様、どこの国に対しても柔軟な気持ちで頑張ろうと思います。   最後になりましたが約一年にわたり大変な量の添削をしていただきどうも有り難うございました。教科書や添削していただいた内容も、これからの自分の教材として充分役立てて行こうと思います。   本当にどうもありがとうございました。

Ita_Y

一年前、日本語教師の勉強をしようと決意しました。現在海外に住んでおりますので通信教育で勉強できる学校を探しましたが、どの学校を選んで良いのか決めることができませんでした。サイトだけをみても同じような文面、同じようカリキュラムでしたので、一校に絞ることは困難でした。値段はなるべく安い方が良いですが、あまり安いのも心配ですし。そこで、いろいろな学校にメールを出して資料を集めることにしました。その時、貴校からの返事が他校で一番早く届きました。しかも、完璧な日本語で懇切丁寧に説明していただき、それが決め手となりました。その他の学校は資料が送られてきただけで、しかもその内容はインターネットのサイトにあるのと似たような文面でした。貴校なら最後まできちんと勉強させてもらえると確信し、申し込みました。そしてその判断は間違っていませんでした。毎回、問題一問一問に丁寧な説明をいただき本当に勉強になりました。
勉強を進めて行くに従って、日本語教師という立場の重要性に気づかされました。私は日本人の代表であり私を通して生徒は日本を見て学んでいるのだということ、日本語の知識だけでなく文化、外国文化、歴史、民俗、政治など、あらゆる知識を幅広く持たなくてはいけないこと、さらに教師の人間性など、私などまだまだ日本語教師の器ではないことに気づかされました。講座を終えて感じることは、私の勉強はまだ始まったばかりだということです。このことに気づくことができたのもこの講座のおかげです。これからもずっと勉強を続けていくつもりです。
一年間、本当にありがとうございました。

Hk_A

この講座を1月から始めましたが、始める前と比べて日本語への見方と視点が変わりました。そして「日本人である事」に対し以前よりも誇りに思える様にもなりました。
これまでは新聞や雑誌等を読んでも特に何も感じずに読み流していましたが、今では、気になる語があれば辞書で調べ、意味が曖昧な言葉は「将来、この言葉を生徒達から聞かれたらどう答えればいいだろうか、英語ではなんというのだろうか?」とインターネットで調べるようになりました。また文法的な面でも深く考える様になりました。
これまで多くの外国人の友人に日本語の質問を受けても、答えられない場面が多く有りましたが、今では細かく外国人の目線に立って説明出来る様になりました。 そうして教える事によって、私の日本語力はもちろんの事、英語力も上がった気がします。
今後は色んな所で場数を踏み、将来的には日本語学校、もしくは個人的にひらいた日本語教室で英語、イタリア語、広東語を使って日本語を教えていきたいと思います。
本当にこの10ヶ月間は充実したものでした。誠にありがとうございました。