オンラインで日本語を教える方法

ITの発達に伴い、近年急速に増えているのがオンラインでの日本語レッスンです。
オンラインでの日本語レッスンはズーム、スカイプ、グーグルミートやラインなどの無料の音声通話機能を使って
自宅にいて世界中の日本語学習者を相手に日本語を教えることができます。

本校ではいかにしてオンラインで日本語を教えればよいかを前半の一般講座の中に取り入れていますので、今後オンラインで日本語を教えたい方は日本語教授法に加え、「オンラインで日本語を教える方法」も学べます。

学習内容

「基礎編」
第1回 オンラインレッスンの概要
 1.オンラインレッスンの仕組み
 2.オンラインで日本語を教える際のメリット
 3.オンラインで日本語を教える際のデメリット

第2回 オンラインレッスンに必要なもの
 1.パソコン タブレット スマホ
 2.インターネット回線
 3.ソフトウェア(アプリ)
 4.パソコン周辺機器
 5.教える場所

第3回 契約と授業料について
 1.契約
 2.授業料の設定

第4回 環境とマナー
 1.IT環境のトラブル
 2.時間と時差
 3.教師のマナー
 4.学習者のマナー

第5回 生徒の募集とレッスン
 1.生徒の募集
 2.レッスンの開始と終了
 3.基本テクニック

「実践編」
第1回 教師になる
 1.日本語教育機関に所属する
 2.登録制サービスに所属する
 3.個人で教える

第2回 教える環境を理解する
 1.教師の環境
 2.学習者の環境
 3.IT環境のトラブル対応

第3回 カリキュラムをつくる
 1.レッスン時間と回数
 2.レッスン内容
 3.特化分野

第4回 教材をつくる
 1.デジタル教材をつくる
 2.物理的な教材について
 3.オンラインリソースを利用する

第5回 レッスンを組み立てる
 1.トライアルレッスン(30分)
 2.レッスン一日目(60分)
 3.レッスン二日目(60分)