日本語教師養成一般通信講座

期間 10週間
評価 ワークシート全10回提出の人には修了証が授与されます。
開講日 随時開講
講師 日本語教師指導歴30年以上の講師を中心に、担当講師は個人指導にすぐれており、受講者はきめ細かい添削指導が受けられます。また、課題や文法的なことだけでなく日本語教授法全般に関することで質問が毎回のワークシート提出時に2つまででき、丁寧にお答えいたします。
授業料 A$990(教材費、本校からの郵送料を含む)
受講資格 18歳以上で、日本語が話せ、簡単な英会話ができる。国籍不問
添削方法 インターネット(Eメール)・郵送・FAX

学習方法

講座受講者は、本校オリジナルのテキスト、教師指導要綱、CDを使って学習を進め、日本語教授法に関する必要な知識とテクニックを身につけます。受講は定期的に規定の課題に対するレポートをワークシートに書いて提出し、担当講師からの添削を通して個人的な指導を受けます。

第2回以降もこの手順で学習していき、最後第10回のワークシートを提出した後、添削された第10回のワークシートとともに修了証が授与されます。

コースカリキュラム

【基礎課程】

日本語教育とは何かを中心に、基本的な日本語教授テクニックを学びます。

主な学習内容
  • ・ ローマ字表記法
  • ・ 動詞の4基本型
  • ・ 日本語の発音とアクセント
  • ・ アスペクト
  • ・ 助詞と語順の紹介
  • ・ テンス
  • ・ 「こ、そ、あ、」の関係
  • ・ 教材の作成法
  • ・ イ形容詞とナ形容詞
教材(本校オリジナル)
  • Spoken JapaneseⅠ
  • 教師指導要Ⅰ
  • 通信講座教師用解説CD2枚
  • ワークシート
  • 日本語教師養成一般講座ガイド
【実践】

日本語教育に関するより専門的な知識の習得と問題の解決法を中心に学びます。

主な学習内容
  • ・ 助詞の研究
  • ・ 数詞と助数詞
  • ・ 疑問詞の一覧
  • ・ 従属節
  • ・ ムード
  • ・ 派生動詞
  • ・ 助動詞の述語表現の分類
  • ・ 敬語
教材(本校オリジナル)
  • Spoken JapaneseⅡ
  • 教師指導要綱Ⅱ
  • 通信講座教師用解説CD2枚
  • ワークシート
  • 日本語教授法直接法
  • 教え方実践編DVD4枚
【凡人社出版】
  • 平成28年度日本語教育能力検定試験試験問題


WJLCの日本語教授法は主に英語圏の人に日本語を教えるために長年の研究により開発されたものです。私たちが日常使っている日本語を外国人の目でとらえながらひとつずつ整理して体系付けます。無意識に使っている日本語を外国語として意識化し、そこに合理的なルールを発見していきます。

本講座では英語を媒介語とした間接教授法と、日本語を日本語で教える直接教授法の両方の教授法を学習をします。本講座では受講される皆さんが、初級の日本語学習者を対象に、段階的かつ体系的に教授法の習得が短期になされるようにカリキュラムを組んでいます。そのため前半5週間を基礎過程、後半5週間を専門課程として分け10週間で修了できます。もっとも受講有効期間は1年間ありますから、自分のペースでゆっくり時間をかけて学習することもできます。